Artist Statement

 

TOKYO KINGYO

 

The view you see might not be true in the lights and in the shadows.

 

Everything has two sides in it:beauty and ugliness, vice and virtue, light and darkness, etc. and it depends on you how you look at it and how you understand it.

 

At the crossing of Shibuya, at the station of Shinjuku and at the main street of Ginza, I photograph scenery of what I see there and then think about the present time which was linked from the past and to the future.

 

Photographs might be the capture of one single moment of the world. However, I always have a strange feeling that there might be another world behind my photographs, another tense behind.

 

The only thing I need in a motion of my shooting photographs is the understanding of a moment of capturing things by heart. It is what I used to do when I really deserved to do.

 

「東京金魚」
光と影で浮かび上がる目の前の景色は、本当の姿なのだろうか。

美しいものと醜いもの、息苦しさと開放感、善とされるものと悪とされるもの・・・など、
どれも真逆な意味なようでいて、受け取る人やその心の状態によっては、
そのどちらにもすぐに変われるものばかり、両面性があるように思えるのです。

渋谷のスクランブル交差点で、新宿の駅構内で、銀座の目抜き通りで、
私は、光が創り出す世界を切り撮りながら、同時に過去と現在、未来をつなぐ時間に想いを巡らせてみた。写真は一瞬を捉えるが、そこには何かをつなぐ世界が、別の時間が流れる世界があるように思えてならない。 

私は、この興味深い世界の瞬間を切り撮るために必要なのは、理屈ではなく、一瞬で感じる心、感覚だと思います。シャッターを切る瞬間の感覚が全てである写真は、その表現手段として、私にはなくてはならないものなのです。